総会・集い

過去に行われた「総会・集い」のアーカイブです。
まだ、掲載されていない物については、随時追加してまいります。

第26回 「東京皆実有朋会の集い」 ご報告

日時   2018 平成30年10月20 日(土) 13時~15時30分 
会場   東海大学校友会館・阿蘇の間(霞が関ビル35階)
次第   総会(前年度の収支会計報告ほか)
     懇親会・会食(全員着席・ビュッフェ形式)・ 「広島弁落語 ジャンボ衣笠さん」(皆実20期)etc,,,

当番期代表幹事 高田 俊二(皆実20期)

PA200262.jpgカープが前夜にセリーグペナントレース三連覇を達成。差入れのスポーツ紙で盛り上がった霞が関ビル最上階で十月二十日、「総会・集い」を開催しました。
当番幹事として二十期・三十二期・四十四期が担当し、会場探しから始まり、システムの変更や懇親会費の値下げにチャレンジした一年でした。素敵なゲストも見つかり、期待で膨らみました。当日は天候にも恵まれ、予想以上の八十二名もの方々にご出席していただきました。東京皆実友朋会岡村会長の開会挨拶から始まり、総会は無事終了。席上、喜捨箱の寄付金は被災地広島への義援金に充てる旨の説明があり、大きな拍手が起こりました。
懇親会では、皆実有朋会森田会長より祝辞を賜り、近畿皆実有朋会渡部会長の乾杯のご発生で始まりました。ゲストの落語家ジャンボ衣笠さん(皆実二十期尾崎隆志)登場。普段東京では、中々耳にしない広島弁を創作落語でこれでもかの熱弁で、大爆笑の連続、おお盛り上がりでした。「今年が最後になります」とおっしゃった有朋三十三期の西川さんのハーモニカ演奏で皆さんの感情の籠った大合唱になりました。続いての校歌も、またまた大合唱。
 今年のテーマは、「西日本豪雨で被災した広島へエールを送ろう」でした。広島弁落語に引き込まれて、東京より郷土に思いを馳せ、エールを届けると言う思いは、沢山入った喜捨箱の中身を見るにつけ、皆で共有出来たと思いました。
会場を見渡すと、優しい笑顔が並んでいました。改めて、我が同窓に感謝であります。

会場を爆笑の渦にして頂いた 「広島弁爆笑落語 ジャンボ衣笠」さんのブログです。
2018-10-22付けのブログに、「集い」の記事が掲載

ジャンボ衣笠さんブログはこちらをクリック

当日の様子
画像クリックで拡大(拡大後、左右の矢印で次に進みます)


第25回 「東京皆実有朋会の集い」

日時  2017 平成29年10月28日(土)13:00〜15:30
場所  霞ヶ関ビル35階 東海大学校友会館「東海三保霞の間」

 総会では、役員改選・平成28年度会計報告他があり、続いて懇親会では、全員着席式の洋食コース料理を食べながら、久しき友との歓談で賑わいました。さらに盛り上がりをみせた全員参加のジャンケン大会(賞品付)は、広島に関するクイズに答えて勝ち抜くという楽しいものでした。勝ち抜くごとに広島に関係した賞品をもらえるという当番幹事さんの創意工夫があり、みんなで一丸となったゲームでした。それから、恒例となった西川美知子さん(有朋33期)のハーモニカ演奏に合わせて童謡・唱歌を歌い、校歌の合唱で無事、終了しました。​​​​​​​

minami-25.png​​​​​​​